Opinion: 研究を使った次世代対応型教育へ (The role of research on next generation learning)

対VUCAに適応力の高い人材を養成するには、リスクを意識しながら失敗を経験させ、失敗から学ぶプロセスを反復練習できる環境づくりが必要です。In order to develop highly adaptable human resources to the VUCA, it is necessary to create an environment in which people can experience failures while being aware of risks and repeatedly practice the process of learning from failures.

Prof. Lenggoro’s interview, on the new department. 化学物理工学科について

In my research group, a student and I design the thesis research theme that student want to do, together. This “design process” may take several months, but I think the students have the power they need in an era where problem setting is more important than problem solving. 研究室では、学生がやりたい卒論研究テーマについて学生と一緒に設計していきます。この「設計」が数カ月かかる作業になったりしますが、問題解決能力より課題設定能力が大事と言われる時代において求められる力を身に着けていると思います。

From “Fast” Electronic Materials to “Slow” Agricultural Studies. 微粒子工学研究室の展開:”Fast”先端材料から”Slow”農学系研究へ

農学系研究のスピードは「遅い」であった。有機的、学際的プロジェクトは、工学系学生がミクロとマクロのスケールでシステムを学び、物質のbadとgood側面を考えるための良い媒体である。 The speed of agricultural research was “slow”. An organic, interdisciplinary project is a good medium for engineering students to learn a system in micro- and macro-scales and to consider the “good” and “bad” sides of the matter.

Message from Professor. 学生へのメッセージ

大学では学ぶ人(学生)が主役。研究を「道具」とすることで、学生が成長するための効果的な学びが得られる。大学は組織的に学生の成長を支援する。研究室は学生が知識・スキルを自分で生み出すための仕組みを提供するところだ。文献や指導教員の助言は大切であるが、あくまでも手がかりにすぎない。 本当に「使える知識・スキル」は、学生自らの直接体験(実験等に相当)を通して得なければならない。自転車の乗り方を「学習」するために、転びながら練習することが必要なのと同じだ。 他のエッセイ(レンゴロ)(Other essays by Lenggoro) The main actors of a university are its students. By placing the research as a “tool”, one can obtain effective learning for students to grow. The university systematically supports the growth of students. The lab (research group) provides a mechanism for students to create knowledge and skills by themselves….

Essay: The function of research at university. 教育場における研究の役割

大学では学ぶ人(学生)が主役。研究を道具とすることで、学生が成長するための効果的な学びが得られる。大学は組織的に学生の成長を支援する。研究室は学生が知識を自分で生み出すための仕組みを提供するところだ。文献や指導教員の助言は大切であるが、あくまでも手がかりにすぎない。 本当に「使える知識」は、学生自らの直接体験(実験等に相当)を通して得なければならない。自転車の乗り方を「学習」するために、転びながら練習することが必要なのと同じだ。 The main actors of a university are its students. By placing the research as a “tool”, one can obtain effective learning for students to grow. The university systematically supports the growth of students. The lab (research group) provides a mechanism for students to create knowledge and skills by themselves. Advice from literature and…

Essay (in 2004)ものを無駄にしない習慣 a habit of not wasting things

そのとき与えられた実験室は、その2年後にノーベル賞(2002年、化学)を受賞したFenn教授が過去使用していたものであり、光栄に感じました。I was honored to be given a laboratory that Professor John B. Fenn, who received the Nobel Prize (2002 in Chemistry) 2 years later, had used in the past.

Essay (2010) 選別された情報と安心な暮らしSelected information

この粒子状物質に不快感や不安を感じる時、それは目に見えるかどうか、つまり0.3μmが境目のサイズとなる。ここでも0.3μmが重要な値となる。…when someone feel discomfort or uneasiness with this particulate matter, whether it is visible or not, that is, 0.3 μm is the size of the boundary.

Opinion:物質・エネルギーの調達の多くを海外に依存している日本 Japan, which depends on foreign countries for much of its material and energy procurement

Prepared for an invited talk in Kyoto (27 Aug 2013): エアロゾル学会・若手会,Topic:つながり 物質・エネルギーの調達の多くを海外に依存している日本にとって、”Global” thinkingができる人材がKey-personとなる。研究型大学のミッションにおいても、世界規模の「物質移動」に対応できる教員ならびに研究室が果たす役割は大きい。エアロゾル研究は「役立つ物-Benefit」と「邪魔物-Risk」の両者を扱う珍しい学問であり、他分野との連携によってさらなるユニークな発展も考えられる。ここにユニークな領域が確立された時、海外から魅力ある人材が来日し、日本国内に居ながらも高度な交流の場が形成され、海外で活躍できる日本人と日本で活躍できる外国人が増えることを望んでいる。 Machine-translated by https://miraitranslate.com/trial/ For Japan, which depends on foreign countries for much of its procurement of materials and energy, key-persons are people who can think “Global”. Even in the mission of research-oriented universities, teachers and laboratories capable of responding to global “mass…

Essay: 長期的なビジョン a long-term vision

長期的なビジョンがないまま、プロジェクトや大学のメリットのために「使える人材」として留学生を獲得するという短期的視野が強くなることを恐れています。I am afraid that without a long-term vision, there will be a stronger short-term view of acquiring international students as “useful” people for projects and university benefits.