Research

At the intersection of chemical processing, particle/aerosol technology, transport phenomena (fluid, mass, and heat), and bio-systems. Develop technologies to contribute to protect food production and water systems, and save critical ecosystems. Bridging the “micro” and “macro” material-energy transfers within the global environment. From 2020 Research Group Guidance

Chemical process engineering, Transport phenomena, Particle/Aerosol technology, Bio-systemsFood production, Water systems, Ecosystems. “Micro” and “macro” material transfers, Global environment, Styles of learning.  化学工学| 微粒子・エアロゾル工学 | 生物システム | 合成プロセス資源, エネルギー)| 食料 |   | 思考法・働き方 |

化学プロセス工学、微粒子・エアロゾル工学、移動現象論(質量・流体・熱)およびバイオシステムの異分野横断研究を推進し、食料生産や水供給システム、生態系保護に貢献する。「ミクロ」から地球環境を含む「マクロ」な物質・エネルギー移動まで考える。2020年度のガイダンスより


/ Original Technology.独自技術 / Thesis.博士論文 / Articles. 論文の紹介 /


intro

// W. Lenggoro // Google Scholar  //


| 研究トピックス(Research Topics)

| 最近の論文の概要

| 研究の一例:機能性材料の合成法と「植物」環境技術のための微粒子工学


Research Area


=> For industry-university collaboration => 産学連携


A poster in 2010.

201505revised-2010JunePoster

Study of particulate phenomena in chemical- and bio-systems in terms of the principles, practices, and concepts of physics such as motion, energy, force, time, thermodynamics and chemical equilibrium.

2015年度ガイダンスより・ 環境や資源問題に配慮した粒子材料プロセッシング… 機能材料(電子材料や製剤等)としての数百ナノメートル粒子が求められる一方、環境中の物質(粒子)も数百ナノメートルのものが最も多いと知られています。研究室では、サブミクロン粒子の性状や挙動に着目し、生成法や粒子の計測と固定化法を開発しています。大学の特徴を活かした「植物ー微粒子」異分野融合研究にもチャレンジしています。