Chemical-coating of clay-based soil particles slows water evaporation. World’s 1st. 粘土系土壌粒子の化学コーティングは水の蒸発を遅らせる。世界初。

Plastic sheeting is commonly used to conserve water in crop production, but its waste has become a challenge. We report that a silane coupling agents-based coating can be applied to natural clayey soil samples to suppress water evaporation. 一般的に作物の生産で水を節約するために、プラスチックのシートが使われているが、その廃棄物が課題となった。本研究では、水の蒸発を抑制するために、天然の粘土質土壌にシランカップリング剤系コーティングが適用できることを報告している。

エアロゾル学会TAKAHASHI賞 AWARD (JAAST) “Deposition of submicron aerosols by a closed-loop flow system” 閉ループ式エアロゾル流によるサブミクロン粒子の沈着

沈着効率が悪い従来法に代わって本手法を気液界面細胞曝露に応用できれば有用である。Our method presented here may potentially be applied for the deposition and analysis of submicron particles on various types of substrate (i.e. air-liquid interface) without the need for vacuum imaging analysis (e.g. electron microscopy).

Micrometer-sized “wet” aerosols on to a hydrophilic surface. 数μmのwetエアロゾルが親水性表面にどのように沈着するのか?

大気に浮遊する微粒子の沈着の場所について考えてみた。”Wet”微粒子は「親水性の高い」場所に多く沈着する。”Dry”微粒子”は「親水性の低い」場所に多く沈着する。Considered the location of the deposition of particles suspended in the air. The results: “More hydrophilic” area trapped more “wet” particles. The “less hydrophilic” area trapped more “dry” particles.

Can aerosol particles deposit from 25℃ to 40℃ surfaces?【医療機器の開発】室温中のエアロゾルを40℃の表面に沈着させる流体制御

閉鎖空間における沈着を考慮したエアロゾルフローシステムを構築した。沈着効率が悪い従来法に代わって本手法を気液界面細胞曝露に応用できれば有用である。An aerosol flow system has been constructed to mimic the delivery of particles to the air-liquid interface. Potentially be applied for the deposition and analysis of submicron particles on various types of substrate without the need for vacuum imaging analysis..