Graduation: 4 students leave for the real world.

Toyota Motor Corp.トヨタ自動車(株), Raiznext Corp.レイズネクスト(株), Toppan Forms Co. Ltd.トッパン・フォームズ(株), and Takenaka Seisakusho Co. Ltd.(株)竹中製作所

TUAT “Faculty Development” Seminar (by Prof. Lenggoro)

先端研究を英語で学び、研究の国際展開について考える科目です。複数学科の3年生は授業を通じて研究者を取り巻く国際的な研究内容や環境を知る事ができます。授業の事例を先生方と共有し、国際的な研究について理解を深める教育の可能性を議論しました。

研究室紹介 | 3年生の皆さんへ

研究室の理念、テーマ事例、FAQ(よくある質問とその回答):どうやってテーマを決めるのですか? コアタイムはありますか? テーマと就職先との関係はありますか?

元高校生インターンが環境資源科学科に入学 K. Sano (High school intern) entered TUAT (Environ. & Natural Resource Sci.)

GIYSE プログラム。国が推進する科学技術振興機構の事業「グローバルサイエンスキャンパス」で「⾼校⽣を将来の卓越した研究者に養成する」GIYSE program. A government-sponsored project of the Japan Science and Technology Agency (JST) under the Global Science Campus program, which aims to “train lower school students to become outstanding researchers of the future.

A workshop: Australia (Monash Univ.) and Japan (TUAT)

TUAT welcomes a group from Monash Univeristy (led by Professor Aibing Yu, Vice Chancellor’s Professorial Fellow, Pro Vice-Chancellor and President – Suzhou) Speakers: “Modelling of reacting flows and industry applications: some examples” Yansong Shen (University of New South Wales) “Modelling and Simulation of Packing and Flow of Ellipsoidal Particles”, Zongyan Zhou (Monash University) “DEM-based models for flow,…