Class


2019年度前期、科学技術英語 の資料 (need password) 2019-pdf

TUAT公式サイト: http://t-board.office.tuat.ac.jp/T/

Master Course: 工学府・システム化学工学講座特別講義Ⅴ(産業技術コミュニケーション論) 教室:4号館3階交流スペース
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第4回:(6月15日13:00-) 野地 英昭 氏:㈱オムロン 環境事業本部  主査
 題目:「地域活性化のためのコミュニケーションツール」
第5回:(6月29日13:00-)山本 佳世子 氏:日刊工業新聞 論説委員兼編集委員(科学技術担当)
 題目:「サイエンスコニュニケーション論」
———–
担当:高野 文夫 氏:ファシリテーターとプレゼンター育成&人材育成 ネットワークの NPO日本プレゼンテーション協会 理事長/研修会社FT&パートナーズ 代表
講義題目:「研究者に求められる交渉術1,2,3」
第1;5月18日土曜日, 10:30-18:00 ファシリーション
第2;5月25日土曜日, 10:30-18:00 プレゼンテーション
第3;6月1日土曜日, 10:30-18:00 ネゴシエーション
授業の概要:
大学院を修了して、高度な技術と知識を社会で生かすためには、様々な場面でのコミュニケーション力が必要とされています。本講義では、産業界で様々な立場でコミュニケーション力を使って仕事をされている方を講師に招いて、産業技術コミュニケーションとは何かを探っていこうと企画しました。

・レポートにより成績を評価します。
(単位取得には4/5回以上のレポートの提出が必要です。)
・レポートは各回で指示された締切り日までに、教育委員 (宛先 LABWL (a) cc.tuat.ac.jp) にメールまたは「印刷物(BASE 224号室)」で提出してください。
(講師名、実施日、提出者名を付けたファイル名にしてください)
・博士前期課程の学生が、履修や単位取得することも可能です。

化学システム工学実験(I)

実験指導書は「生協で販売」とシラバスに表示されましたが、諸事情により4月 16日(火)13:00~にガイダンスにて調達することになりました。今まで通り1000円の予定です。

安全安全ガイダンス(講習会)はMonday, April 15⋅13:00 – Room:L 1153 化学システム工学実験IおよびⅢの合同で実施します。 実験科目共通テキスト、安全マニュアル、各実験テキスト(実験(I)は火曜日に調達)、筆記用具を持参すること。出席をとります。

2019/4-7: Master course工学府: 分子情報工学特論I (Friday, 13:00-14:30, Room L0711) 

配布資料のほとんどが英語。試験の他に毎週のクイズ(小テスト)とグループディッスカッションを予定しています。

class-desk

A list of Classes/courses (done by W. Lenggoro)
授業のリスト >>> empatlab.edublogs.org


This website can also accessed via : http://bit.ly/wlclass


….Semester from APRIL…

Chemical Engineering Experiment(1) 化学システム工学実験1 【前期】(月3-4、火3-4)

English for Science and Technology…科学技術英語 【前期】(木3)

Past (For B3) Advanced project exercise … 先端プロジェクト演習 【前期】(金3)

….Semester from OCTOBER….

Fundamentals of Chemical Engineering 化学工学基礎 【後期】(月1)

Past: Reading Literature in English… 文献講読 【後期】

For B1: Basic project exercise … 基礎プロジェクト演習 【後期】(金1-2) 2017

For B2-B4: Basic Chemical Engineering Practice 2 … 化学工学基礎演習2 【後期】(火2) 2017

For AIMS students, in English: Optimization in Chemical Engineering