Class

Visited NAGAOKA UNIV. TECH. for 5-hour class for Doctoral students (5/28)

5-hour class (in English, by W. Lenggoro) for 5-year Integrated Doctoral Program students, Dept. of Science of Technology Innovation 技術科学イノベーション専攻 Nagaoka University of Technology 長岡技術科学大学 28 MAY 2016 (Saturday) CONTENTS: 1) Diversity is a tool 2) Background diversity and a multi-cultural "nation" 3) Physics, Statistics, and Economics: Multi- or Inter-Disciplinary ? 4) Human Sense versus "Scientific"… Continue reading Visited NAGAOKA UNIV. TECH. for 5-hour class for Doctoral students (5/28)

Class, International

(Grad. School “Leading” Open Class ) Knowing another culture: Indonesia (4/22)

【公開授業のご案内 / Open Lecture】 『国際文化比較論及び日本語表現力特論I』 日時: 4月22日(金)  14:45~16:15 (4限) 場所: 小金井・BASE棟2階・リーディングセミナー室 テーマ:「異文化を知る~インドネシア」 講師:  Wuled Lenggoro 農工大でも多くのインドネシア人学生が学んでいますが、インドネシアについてどのようなイメージをお持ちですか? 実は「何でも有りの国!」らしいのですが、何故そうなのか。 日本との関係は? 異国の文化を学ぶことで理解が深まり、視野が広がります。 農工大の学生はどなたでも聴講可能です。 是非参加ください。(S)

Class

Special class: by a company person. 集中講義「企業で輝く研究人材」Oct. 14

A special class for all Master students (Graduate School of BASE) by a person from multinational company. BASE集中講義 MBA, MOT, ナノテクノロジー企業で輝く研究人材とは 14 October 2014. A website for special class for Master course BASE

Class

One-day Class (in Japanese) by company person. 企業の求める研究企画, Oct.15

Class for BASE Graduate School 10月15日(火)13時~ 授業名:物質機能システム学アドバンスド 教室:BASE第1講義室 時間:1時間 ×3(間に休憩をはさんで) ======================================== 企業の求める研究開発とは? 「正しい」研究企画について ======================================== 企業における研究開発は大学における研究以上に実プロセスへの応用に重きをおいており、スピードが要求される。研究をスピードアップする工夫について、Intel(インテル)、Samsung (サムスン)、Apple (アップル)などを例にとって考察する。さらに、研究成果を収益に結びつける「儲かる仕掛け」について考察し、これからの研究開発の目指すべき方向性について述べる。これらを踏まえ企業において己を生かす研究を行うための研究企画書の書き方について考える。 講師:(大手電機メーカ・開発センター、(兼)経産省関係の協会に所属している方) 連絡先(レンゴロ研究室): LABWL @ cc.tuat.ac.jp

Class

CLASS: Resources-saving in electronic materials . 電池材料における省資源化

Project-type class by six 3rd grade undergraduate students of Dept. of Chemical Engineering (April-July 2011) Topic: Thinking energy-saving and resources-saving through materials used in electronics. (provided by Lenggoro) >> Final report (PDF, 700kB)...2011/08/2011-july-b3-project2.pdf 2011年度、共生科学技術論の最終発表 化学システム工学科3年生(6名)による「プロジェクト」 テーマ:電子機器の素材から省エネと省資源化を考える

Class

Class (1st semester 2011)前期

2011...Undergraduate:Dept. of Chemical Engineering/学部:工学部化学システム工学科、Graduate/大学院:BASE 生物システム応用科学府 Undergraduate: Chemical Engineering Experiment(1) (月3-5) (火3-5) 化学システム工学実験 1 , 工学部専門科目 (Instructors: Lenggoro (chief), Iso, Sen, Honda, Kitajima, Minejima, Shu) Undergraduate: TRANSPORT PHENOMENA (Instructors: Takiyama, Lenggoro) Two times per week (Total: 30 x 90 minutes) 移動現象論および演習, 月2, 木1 Textbook: Transport Phenomena 2nd. Ed. (R. B. Bird, W. E. Stewart, E. N.… Continue reading Class (1st semester 2011)前期