Message from Professor. 学生へのメッセージ

guide-bicycle2大学では学ぶ人(学生)が主役。研究を「道具」とすることで、学生が成長するための効果的な学びが得られる。大学は組織的に学生の成長を支援する。研究室は学生が知識・スキルを自分で生み出すための仕組みを提供するところだ。文献や指導教員の助言は大切であるが、あくまでも手がかりにすぎない。

本当に「使える知識・スキル」は、学生自らの直接体験(実験等に相当)を通して得なければならない。自転車の乗り方を「学習」するために、転びながら練習することが必要なのと同じだ。

他のエッセイ(レンゴロ)(Other essays by Lenggoro)

The main actors of a university are its students. By placing the research as a “tool”, one can obtain effective learning for students to grow. The university systematically supports the growth of students. The lab (research group) provides a mechanism for students to create knowledge and skills by themselves. Advice from literature and supervisor is important, but it is only a clue. The knowledge and skills must be obtained through students’ direct experience (equivalent to experiments). It is the same as it is necessary to practice while falling to “learn” how to ride a bicycle. (Lenggoro, 2015)