Graduation: 4 students leave for the real world.

Toyota Motor Corp.トヨタ自動車(株), Raiznext Corp.レイズネクスト(株), Toppan Forms Co. Ltd.トッパン・フォームズ(株), and Takenaka Seisakusho Co. Ltd.(株)竹中製作所

粘土系土壌粒子の化学コーティングは水の蒸発を遅らせる。世界初。Chemical-coating of clay-based soil particles slows water evaporation. World’s first.

Plastic sheeting is commonly used to conserve water in crop production, but its waste has become a challenge. We report that a silane coupling agents-based coating can be applied to natural clayey soil samples to suppress water evaporation. 一般的に作物の生産で水を節約するために、プラスチックのシートが使われているが、その廃棄物が課題となった。本研究では、水の蒸発を抑制するために、天然の粘土質土壌にシランカップリング剤系コーティングが適用できることを報告している。

TUAT “moonshot” project PI, Dr. T. Suzuki on NHK-TV (Feb.6)“昆虫食”が世界を救う”Insect Food” will save the world.

多様な方法で「貧栄養のエサ」から「良質のたんぱく質を作り出す」昆虫の驚きの能力や、飼育による環境負荷が小さい「地球にやさしい食糧源」としての可能性も見えてきた。various ways, and their potential as an “earth-friendly food source” with a small environmental impact from their farming, have also come to be recognized.

Opinion: 多様性の比率 Diversity Ratio

80対20の法則というものがあるが、偶然にも外部からの進学者、留学生などの多様性を活かせる最適な学生構成の比率も、そのくらいが良いのではないか。There is a thing called the 80-20 rule. Coincidentally, the optimal ratio of student composition for a lab that can take advantage of the diversity of (graduate) students entering from outside or international students should also be about that ratio.

TUAT “Faculty Development” Seminar (by Prof. Lenggoro)

先端研究を英語で学び、研究の国際展開について考える科目です。複数学科の3年生は授業を通じて研究者を取り巻く国際的な研究内容や環境を知る事ができます。授業の事例を先生方と共有し、国際的な研究について理解を深める教育の可能性を議論しました。

研究室紹介 | 3年生の皆さんへ

研究室の理念、テーマ事例、FAQ(よくある質問とその回答):どうやってテーマを決めるのですか? コアタイムはありますか? テーマと就職先との関係はありますか?