PAPER. Exposure (carbon-based particles) vs. growth rates of plants, 植物成長 vs 炭素系微粒子

Asian Journal of Atmospheric Environment, 2012.

Effects of long-term exposure to black carbon particles on growth and gas exchange rates of Fagus crenata, Castanopsis sieboldii, Larix kaempferi and Cryptomeria japonica seedlings

M. Yamaguchi, Y. Otani, K. Takeda, I. W. Lenggoro,
A. Ishida, K. Yazaki, K. Noguchi, H. Sase, N. Murao, S. Nakaba, K.
Yamane, K. Kuroda, Y. Sano, R. Funada, T. Izuta

http://asianjae.org/browse_sub.html?class_no2=30&PHPSESSID=9b39752b32995b41e0077ae6c9b17057

This is the world`s first “exposure” study using sub-micro meter
(few hundred nanometers) sized particles with growing
plants designed for multi-year experiment.
約2年間の実験で、植物成長における(散布された)微粒子の影響を調べた研究です。実際の大気中に浮遊する微粒子の中で個数が最も多い1ミクロン以下のサイズ、数百ナノメータの粒子を散布しました。長期的で粒子と植物の実験は世界初の研究です。私たちの研究室は、実験で使用された装置の設計・製作を担当し、植物表面に粒子沈着の挙動についての提案もしました。
参画研究機関:
東京農工大学(農学研究院、工学研究院)、北海道大学、森林総合研究所、京都大学、日本環境衛生センター・アジア大気汚染研究センター、
Particles vs Plant growth NOTE: An article on designing/fabricating the
chamber system used in the project will be published in another
journal. Other topics of
recent published journal articles,最近の発表論文の概要…