Research, Topic

開発の事例:微粒子の合成と構造化 Examples of Tecnologies: Synthesis & Structuring of Nanoparticles (2018-2019)

浮遊する微粒子(ナノ粒子)の構造化と集積化について、従来まで考証されていなかった粒子群の輸送に対する「駆動力のバランス」の視点からの技術手法を開発した。We have developed techniques for synthesis and structuring suspended particulates (nanoparticles), based on the viewpoint of "balance of driving force" for the transportation.

Event, Facilities

Visited Central Research Institute of Electric Power Industry. 【見学】電力中央研究所

18 Dec. 2015 After a lunch time (Turkish food) around Kamakura station; we (12 students) visited Central Research Institute of Electric Power Industry (電力中央研究所) in Yokosuka city (Kanagawa prefecture). Since 2008, some of lab's members have been collaborating with CRIEPI on measuring particulate matters (PM) at the exhaust of coal-based power plant. Thanks to Noda… Continue reading Visited Central Research Institute of Electric Power Industry. 【見学】電力中央研究所

News, Research

PATENT on Solar Cell: 直列接続型ソーラーセル(特許第5626796号)

SERIES CONNECTION SOLAR CELL AND SOLAR CELL SYSTEM Patent No. 5626796 (Japan) 発明の名称 直列接続型ソーラーセル及びソーラーセルシステム 特許番号 特許第5626796号 【課題】光反射ロスを低く抑えることができる異種ソーラーセル多接続型ソーラーセル及びそれを用いた変換効率が高いソーラーセルシステムを提供する。 【解決手段】吸収波長域が互いに異なり、積層せずに電気的に直列に接続されている複数のソーラーセルユニットと、前記複数のソーラーセルユニットの各々に 前記吸収波長域の光を照射して発電するように、外から入射する光を誘導する光誘導手段と、を有する直列接続型ソーラーセル。 More... 出願番号 (国際公開番号) 特願2011-068760,  公開番号 (国際公開番号) 特開2012-204673 出願日 2011年03月25日, 公開日 (公表日) 2012年10月22日, 登録日 2014年10月10日 出願人/特許権者 国立大学法人東京農工大学 国立大学法人広島大学 学校法人福岡大学 発明者 鮫島 俊之 神谷 秀博 白樫 淳一 蓮見 真彦 ウレット レンゴロ (Wuled Lenggoro) 飯島 志行 東 清一郎 香野… Continue reading PATENT on Solar Cell: 直列接続型ソーラーセル(特許第5626796号)

Research

Plant-derived materials for a synthesis of battery powder.電池用粉末の合成に植物由来の原料を使ってみました。

Without a milling process (break-down) process, Lithium-battery material can be synthesized, in submicron size (100-600 nm) through glucose-assisted combustion synthesis.(植物由来原料)グルコースを添加した新しい「燃焼合成法」により二次電池用粉末をサブミクロンサイズで合成できた。

Topic

Essay (2010) 選別された情報と安心な暮らしSelected information

この粒子状物質に不快感や不安を感じる時、それは目に見えるかどうか、つまり0.3μmが境目のサイズとなる。ここでも0.3μmが重要な値となる。...when someone feel discomfort or uneasiness with this particulate matter, whether it is visible or not, that is, 0.3 μm is the size of the boundary.

News

Invited presentation. COMSOL (a simulation software) conference. 熱流体シミュレーション(招待)発表

We were invited for a poster talk at 2013 COMSOL Conference 2013 (Tokyo, 7 Dec.) 熱処理シミュレーションによる酸化物粉末のドーピング効率の向上 Optimization of Post-Heat Treatment for Doping of Metal Oxide Particles by P. Widiatmoko, Y. Kondo, H. Matsushima, W. Lenggoro Liquid-to-solid route for preparing a doped metal oxide (powder) shows advantage on the homogeneity of the precursor as well as… Continue reading Invited presentation. COMSOL (a simulation software) conference. 熱流体シミュレーション(招待)発表

News, Research

Iinoya Award to a student (30th. Symposium on Aerosol). 院生が学会賞受賞

Doctoral student: MASAO GEN got the 2013 IINOYA AWARD during 30th SYMPOSIUM ON AEROSOL SCIENCE & TECHNOLOGY (held in Kyoto Univ.) (Supplementary prize = cash prize of 100,000 Yen) "Development of a portable sensor system based on aerosol particles to detect pesticide residues" エアロゾル粒子センサーを用いた携帯型残留農薬検出システムの開発 (東京農工大学・大学院博士後期課程)玄 大雄 The award selection was based from a "special session"… Continue reading Iinoya Award to a student (30th. Symposium on Aerosol). 院生が学会賞受賞