【環境計測技術】残留農薬を検査するナノ構造 Nanoscale-structure for detecting a pesticide

on

A colloidal route to detection of organic molecules based on surface-enhanced Raman spectroscopy (SERS) using nanostructured substrate derived from aerosols

>> Jpn. J. Applied Physics, 2011 (Abstract, Full Text PDF)

Collaborated works with:
Plant Ecochemicals Research Center (Eniwa, Hokkaido)
and
Kanagawa Industrial Technology Center (Ebina, Kanagawa)

ナノ粒子の構造化による基板(チップ)形成を行い、ラマン散乱分光を用いた微量な(モデル:農薬)成分の検出精度を向上させた。

著者:
玄大雄(東京農工大学・修士課程)、
角田英男((社)植物情報物質研究センター(北海道))、
上元好仁(神奈川県産業技術センター)、
ウレット・レンゴロ(東京農工大学)

https://empatlab.wordpress.com/tag/paper/