Statement on Mask-wearing (JAAST) マスク装着に関して(日本エアロゾル学会)

Point-1.「繊維の隙間より小さい粒子はマスクのフィルターを通過する」は間違い “Particles smaller than the fiber gap pass through the filter of the mask” is not accurate

Point-2. 大事なことはマスクのフィルター性能より,マスクの縁と顔表面との隙間からの漏れ(侵入)を少しでもなくすこと。It is important to eliminate the leakage (intrusion) from the gap between the mask edge and the face surface, rather than the filter performance of the mask.

Between surface charges of colloidal particles and their charged aerosols.液中粒子の表面電荷とそれらのエアロゾル化時の荷電との関係

Interaction between surface charge (zeta potential) of colloidal nanoparticles and the charge induced droplets suspended in the gas phase by electrospray is investigated for the first time. 液相中のナノ粒子の表面電荷(ゼータ電位)と気相中操作(静電噴霧)により懸濁液滴の荷電(電荷)の間の相互作用について初めての研究。

PAPER: Charge of Particle by Kelvin Probe Force Microscopy. ケルビンフォース顕微鏡で粒子の帯電を計測

呼吸により人体に入る微粒子の帯電状態が注目された。本研究では大気中に浮遊する微粒子の帯電状態を評価できる手法を考案。The importance of electrostatic charging state to particle deposition in the human airways has been suggested. We developed a measurement method of electrostatic charging state of individual ambient aerosol particles

BEST PAPER AWARD at International Conference (PURE 2015, Malaysia)最優秀論文賞

OPE 11 Nov. 2015. BEST PAPER AWARD, 2nd International Conference on Purity, Utility Reaction and Environmental Research (PURE 2015), Kuala Lumpur. “Development of a battery-driven passive sampling system for electrostatically trapping atmospheric particles” (M. P. Khairunnisa, F. Faizal, H. Fukushima, M. Gen, P. Widiatmoko, I. W. Lenggoro*) … (乾電池を用いた高電圧変換器を駆使し、携帯性に優れた、大気中微粒子捕集器の開発):各地のPM2.5またはPM1.0の解析に役にたつ Full paper : Journal of Purity,…

Student as a project leader in a MEXT/TUAT program, 学生が研究代表者

Masao Gen, a doctoral student got a grant for his project on advancing a sensor technology to detect pesticide on-site. Sponsor = Innovation Advancement Organization (IAO), based on a TUAT/MEXT project. 博士課程後期の学生(玄)が申請した研究プロジェクトが採択されました。 The program includes few-days training at SRI (Stanford Research Institute, California) and Cornell University. [イノベーション推進機構より] 本プロジェクトは、文部科学省実践型研究リーダー養成事業「ニーズ展開実践型高度研究人材養成モデル化事業」の一環として、博士学生に対して専門分野の枠を越えた研究活動、インターンシップ、並びに産業界との連携を包括的に支援、促進することによって、事前学習で習得した知識や技術を実践し、研究リーダーに求められる能力、資質を磨いていくことを目的としています。博士後期課程学生については、研究代表者として自ら研究チームを組織し、企業等の課題を解決できる企画・提案を実践していくとともに、その後共同研究等に発展することを奨励することとし、これに必要な経費を支援します。 http://www.tuat.ac.jp/~innovate/student/collect.html#2 A reference of our Pesticide Detector…

Co-hosted a symposium: Aerosols on Plants & Human Health, 「エアロゾル・植物」行事を共催

Symposium : 東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト Impacts of Aerosols in East Asia on Plants and Human Health Sponsor: Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas Date: 24-26 January 2013, Place: Building no.11, TUAT Koganei campus. 平成25年1月24日~26日に東京農工大学(工学部、小金井キャンパス)において平成24年度第2回全体会議を行います。 Program: http://www.tuat.ac.jp/~aerosol/pdf/Heisei24%20dai2kai%20program.pdf Project: http://www.tuat.ac.jp/~aerosol/

PAPER: Measuring particles from mixed gases, ガス由来微粒子の計測

These results may be informative for predicting phenomena related to gas-to-particle conversion at the exit of stationary emission sources.火力発電所等の燃焼過程から生成すると考えられる混合排気ガスを実験室内で模擬した。This paper was awarded 2013 Takahashi Award from Japan Association Aerosol of Science and Technology. エアロゾル学会の2013年のTakahashi賞を受賞。