Micrometer-sized “wet” aerosols on to a hydrophilic surface. 数μmのwetエアロゾルが親水性表面にどのように沈着するのか?

大気に浮遊する微粒子の沈着の場所について考えてみた。”Wet”微粒子は「親水性の高い」場所に多く沈着する。”Dry”微粒子”は「親水性の低い」場所に多く沈着する。Considered the location of the deposition of particles suspended in the air. The results: “More hydrophilic” area trapped more “wet” particles. The “less hydrophilic” area trapped more “dry” particles.

開発の事例:微粒子の合成と構造化 Example of Technology: Synthesis & Structuring of Particles (2018-2019)

浮遊する微粒子の構造化と集積化について、従来まで考証されていなかった物質の輸送に対する「駆動力のバランス」の視点からの技術手法を開発した。We have developed methods for synthesis & structuring suspended particles from the viewpoint of “balance of the driving force on the transport of matter”, which has not been considered before.