An interview by Nikkan Kogyo Shimbun 日刊工業新聞 (one of the leading daily newspapers)

日刊工業新聞・経営ひと言/東京農工大学のウレット・レンゴロ教授「育児休業を取得」 (2019/7/22 科学技術・大学) https://www.nikkan.co.jp/articles/view/524712 「育児で3カ月休んだが、『自分がいない方がよいのか』と思うほど研究室は活発だった」というのは、東京農工大学大学院工学研究院教授のウレット・レンゴロさん。「『先頭を切ってくれた』と若い男性教職員らに感謝された」という育児休業取得。「自宅で乳児を抱えながら」研究室セミナーの録画を見たり、メール指示をしたりした。以前から教員は口を出さず「とんでもない質問をする下級生に上級生が鍛えられる」ようにしてきた。そんな休業取得に適した研究室運営ノウハウも周囲に伝えている。 English “Machine” Translation by miraitranslate.com An interview article. Nikkan Kogyo Shimbun (one of the leading daily newspaper in Japan) on Management Word: Taking Childcare Leave (2019/7/22) “I took 3 months of childcare leave, but my research group (lab) was so active that I thought, ‘Is it better not to be…

Prof. Lenggoro’s interview, on the new department. 化学物理工学科について

In my research group, a student and I design the thesis research theme that student want to do, together. This “design process” may take several months, but I think the students have the power they need in an era where problem setting is more important than problem solving. 研究室では、学生がやりたい卒論研究テーマについて学生と一緒に設計していきます。この「設計」が数カ月かかる作業になったりしますが、問題解決能力より課題設定能力が大事と言われる時代において求められる力を身に着けていると思います。

Message from Professor. 学生へのメッセージ

大学では学ぶ人(学生)が主役。研究を「道具」とすることで、学生が成長するための効果的な学びが得られる。大学は組織的に学生の成長を支援する。研究室は学生が知識・スキルを自分で生み出すための仕組みを提供するところだ。文献や指導教員の助言は大切であるが、あくまでも手がかりにすぎない。 本当に「使える知識・スキル」は、学生自らの直接体験(実験等に相当)を通して得なければならない。自転車の乗り方を「学習」するために、転びながら練習することが必要なのと同じだ。 他のエッセイ(レンゴロ)(Other essays by Lenggoro) The main actors of a university are its students. By placing the research as a “tool”, one can obtain effective learning for students to grow. The university systematically supports the growth of students. The lab (research group) provides a mechanism for students to create knowledge and skills by themselves….

Plenary talk, International Seminar (in Bandung) 国際シンポジウム基調講演 Oct. 31

30-31 Oct. 2014 (Bandung): Prof. Lenggoro delivered a plenary talk at an International Seminar (Venue: Institut Teknologi Bandung ITB) 化学工学に関する国際セミナーでの基調講演 (Photos by I. N.) INTERNATIONAL SEMINAR ON CHEMICAL ENGINEERING 2014, in conjunction with Chemical Engineering Seminar of Soehadi Reksowardojo 2014 (STKSR 2014) Supported by Indonesia Chemical Engineering Chapter of The Institution of Engineers, and Association…

Lenggoro as a committee member in OPC2014, 微粒子光学分析に関する国際会議

Lenggoro acted as a committee member in OPC2014: International Conference on Optical Particle Characterization, Tokyo, 10-14 Mar. 2014. http://www.opc2014.org/ Steering Committee Chair: Nobuhiro Aya (AIST) Secretariat: Jack Yamada (Galileo, Inc.) Publishing Division: Tsutomu Shimura (Univ. of Tokyo) Tomohiro Shirai (AIST) Liaison Division Hirohide Furutani (AIST) Norihiko Iki (AIST) Exhibition Division Naoya Hama (Tokyo Dylec Corp.)…

Invited to 3rd Seminar of Powder Nanotechnology (APPIE) 26 Nov.

http://www.appie.or.jp/event/bunkakai/h24/121126nano.pdf 3rd Seminar of Powder Nanotechnology, Association of Powder Process Industry and Engineering, JAPAN (APPIE) (一社)日本粉体工業技術協会 平成24年度 第3回微粒子ナノテクノロジー分科会 2012/11/26 (Venue: TUAT Koganei campus) 13:30-17:10(講演会), 17:15-19:00(懇親会) 会場: 東京農工大学小金井キャンパス エリプス(140 周年記念会館) 3階 13:35~14:30 Fundamentals and application of particle surface design, functionalization and characterization” Wolfgang Peukert (Erlangen University, Germany) 14:30~15:15 (in Japanese, Slides in English) “カーボンナノチューブのCVD合成の理解とカスタム化:1秒合成から連続合成まで” (Understanding CVD…

24th Seminar on Optical Scattering (Invited) 第24回散乱研究会 16 Nov.

24th Seminar on Optical Scattering (hosted by Photal, Otsuka Electronics Group) …Lenggoro was invited for a lecture. http://www.photal.co.jp/event/12/c-sanran24.html 第24回の散乱研究会 ●開  催 2012年11月16日(金) ●時  間 9:45~17:00 (受付開始 9:15) ●参加費 無料 ●会  場 日本薬学会長井記念館(長井記念ホール)  住所:東京都渋谷区渋谷2-12-15 9:45~11:45 散乱基礎講座「動的光散乱法 -その基礎と応用-」  講師: 岩井 俊昭 先生 (東京農工大学 大学院生物システム応用科学府) Toshiaki Iwai (Tokyo University of Agriculture and Technology) 13:00~13:50 高濃度分散粒子系のサイズ評価: 高感度低コヒーレンス動的光散乱法の開発  講師: 中村 崇市郎 先生…