An interview by Nikkan Kogyo Shimbun 日刊工業新聞 (one of the leading daily newspapers)

日刊工業新聞・経営ひと言/東京農工大学のウレット・レンゴロ教授「育児休業を取得」 (2019/7/22 科学技術・大学) https://www.nikkan.co.jp/articles/view/524712 「育児で3カ月休んだが、『自分がいない方がよいのか』と思うほど研究室は活発だった」というのは、東京農工大学大学院工学研究院教授のウレット・レンゴロさん。「『先頭を切ってくれた』と若い男性教職員らに感謝された」という育児休業取得。「自宅で乳児を抱えながら」研究室セミナーの録画を見たり、メール指示をしたりした。以前から教員は口を出さず「とんでもない質問をする下級生に上級生が鍛えられる」ようにしてきた。そんな休業取得に適した研究室運営ノウハウも周囲に伝えている。 English “Machine” Translation by miraitranslate.com An interview article. Nikkan Kogyo Shimbun (one of the leading daily newspaper in Japan) on Management Word: Taking Childcare Leave (2019/7/22) “I took 3 months of childcare leave, but my research group (lab) was so active that I thought, ‘Is it better not to be…

Prof. Lenggoro’s interview, on the new department. 化学物理工学科について

In my research group, a student and I design the thesis research theme that student want to do, together. This “design process” may take several months, but I think the students have the power they need in an era where problem setting is more important than problem solving. 研究室では、学生がやりたい卒論研究テーマについて学生と一緒に設計していきます。この「設計」が数カ月かかる作業になったりしますが、問題解決能力より課題設定能力が大事と言われる時代において求められる力を身に着けていると思います。

A doctoral student was interviewed: 9 pages (Scripta, 2016, Books Kinokuniya) 紀伊國屋書店の無料冊子Scripta

An interview article (9 pages) on “Nisa”: a Malaysian doctoral student in our lab, interviewed by Mayumi MORI, a nonfiction writer. in SCRIPTA (Summer 2016, pp. 5-13), a free journal published by Kinokuniya (The largest bookstore chain in Japan (founded in 1927). 紀伊國屋書店出版部の無料冊子 研究室の話しも載っています(p.12)。このNisaのインタビューは森まゆみさんの連載の最終回だそうです。「お隣のイスラム」は単行本として刊行予定(紀伊国屋書店, 2016/7)。 .. 2018/2/15 お隣りのイスラーム――日本に暮らすムスリムに会いにいく 単行本(ソフトカバー) 出版社: 紀伊國屋書店