Meeting with the Chief, National Research & Innovation Agency (BRIN) Indonesia

on

24 Sept. 2021, Host: Indonesian Embassy in Tokyo.

https://kemlu.go.id/tokyo/id/news/16291/kbri-tokyo-dan-badan-riset-dan-inovasi-nasional-dialog-dengan-ilmuwan-diaspora-indonesia-di-jepang

東京のインドネシア大使館は、国家研究イノベーション庁 (BRIN)Laksana Tri Handoko長官とともに、日本でインドネシアの研究者との会合を開催した。

Indonesia Researchers in Japan (Representatives) Ardiansyah Oky Dicky Prima (Iwate Prefectual University), Josaphat Tetuko Sri Sumantyo (Chiba University), Mizan Bustanul Fuady Bisri (Kobe University), Muhammad Aziz (Tokyo University), Sastia Prama Putri (Osaka University), Satria Zulkarnaen Bisri (RIKEN) and Wuled Lenggoro (Tokyo University of Agriculture and Technology).

「インドネシアの研究開発には、人材、インフラ、予算の3つの要素があります。割合は、それぞれ70%、20%、10%が望ましい。特にBRINでは、人材に焦点を当てて、その3つを改善しようとしています」 と、Handoko長官は述べた。

会議の間、日本にいるインドネシアの科学者たちはBRINとの協力プラットフォームのアイデアを伝えた。また、Handoko長官は、将来、BRINが海外の研究者を含む海外の研究者をサバティカル・プログラムの形で招待し、post-doc等の資金を提供すると述べた。