数μmのエアロゾル液滴が親水性表面にどのように沈着するのか?Micrometer-sized droplet aerosols on to a hydrophilic surface. 応用例:エアロゾル吸入器など

大気に浮遊する微粒子の沈着の場所について考えてみた。”Wet”微粒子は「親水性の高い」場所に多く沈着する。”Dry”微粒子”は「親水性の低い」場所に多く沈着する。Considered the location of the deposition of particles suspended in the air. The results: “More hydrophilic” area trapped more “wet” particles. The “less hydrophilic” area trapped more “dry” particles.

同一ロウソクから親水性と疎水性の両方の粒子層が製造可能 From a single candle: we can make both hydrophilic & hydrophobic layers.

Using “soot” from a candle burning, we developed assembly routes to form hydrophilic or hydrophobic layers of carbonaceous nanoparticles. ロウソク燃焼の「煤」を用いて、親水性または疎水性を有するナノ粒子膜の作製する方法を開発。5000年前に中国で開発された、従来の「墨」技術と同じかどうか?