原稿Text: 次世代教育のための学際的研究Invited by Indonesian Ministry of Education & Culture: “Penelitian Interdisipliner untuk Pendidikan Generasi Mendatang”  

Tantangan global itu selalu kompleks, sehingga penempatan nilai yang berlebihan pada suatu persaingan akan membuat dunia ini menuju ke arah yang tidak tepat. Untuk kebaikan jangka panjang, siapa pemenangnya akan menjadi tidak berarti. グローバルな課題は常に複雑であるため、競争に過度の価値を置くと、世界は間違った方向に導かれます。 長期的な利益のための勝者は無意味になります。

エアロゾル学会TAKAHASHI賞 AWARD (JAAST) “Deposition of submicron aerosols by a closed-loop flow system” 閉ループ式エアロゾル流によるサブミクロン粒子の沈着

沈着効率が悪い従来法に代わって本手法を気液界面細胞曝露に応用できれば有用である。Our method presented here may potentially be applied for the deposition and analysis of submicron particles on various types of substrate (i.e. air-liquid interface) without the need for vacuum imaging analysis (e.g. electron microscopy).

Online日本エアロゾル科学技術研究討論会 Symposium on Aerosol (27-28 Aug.)

日本エアロゾル学会第37回エアロゾル科学・技術研究討論会 (jaast.jp) Annual Meeting (Conference) of Japan Association of Aerosol Science and Technology. For the first time, JAAST made the meeting in online. 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い,全国規模の「緊急事態宣言」が発出されました.宣言解除後も予断を許さない状況であり,「感染拡大の防止」および「安全な討論会開催」の観点から,本年度は現地開催を取りやめ,「オンライン開催」へ変更することを決定いたしました.In response to the spread of the new coronavirus, a nationwide “state of emergency” has been declared. Even after the declaration has been lifted, the situation is still unpredictable, and from the…

【医療機器】数μmのエアロゾル液滴が親水性表面にどのように沈着するのか?Micrometer-sized droplet aerosols on to a hydrophilic surface.

大気に浮遊する微粒子の沈着の場所について考えてみた。”Wet”微粒子は「親水性の高い」場所に多く沈着する。”Dry”微粒子”は「親水性の低い」場所に多く沈着する。Considered the location of the deposition of particles suspended in the air. The results: “More hydrophilic” area trapped more “wet” particles. The “less hydrophilic” area trapped more “dry” particles.

Alumni卒業生News: 機械学習で”摩擦学”アプリ Alumni: A machine learning “Tribology” app.

Note: 開発者の卒論のテーマは植物由来原料を添加した燃焼合成法による二次電池用粉末の合成でした。英国の大学院に進学し、「摩擦」研究者になりました。The subject of the developer’s bachelor thesis was the synthesis of powders for rechargeable batteries by combustion synthesis using plant-based materials. She went to postgraduate school in the UK and became a ‘friction’ researcher.

Alumni.卒業生: PCR検査用磁性微粒子の開発 Magnetic fine particles for PCR Testing (COVID-19)

当研究室の卒業生はコア研究者として関わりました。国立パジャジャラン大学(UnPad)の研究者による学際的なグループ(ナノテクノロジーセンター (PrintG)、大学病院、分子生物研究所)は、RNA抽出キットの構成要素としてビーズ「NanoMag PrintG」を実験室レベルで作製した。ビーズはシリカで被覆されたFe304磁性粒子から作られており、RNA SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)を結合できることが示されている(PCR検査に使用)。ビーズは国産原料を使用して開発した。Tempo(インドネシアの週刊誌(1971年創刊)のホームページより。西ジャワ州の知事の写真付き) A multidisciplinary group of researchers at Universitas Padjadjaran (UnPad): Research Center for Nanotechnology and Graphene (PrintG) in collaboration with UnPad Hospital and Molecular Biology Lab created “NanoMag PrintG” beads as a component of the RNA extraction kit on a laboratory scale. The beads are made from silica-coated Fe304 magnetic particles, and…

著書 Nanoparticles Carrying Biological Molecules (Book Chapter)

The conjugation of nanoparticles and biomolecules has found applications in bioimaging, biocatalysis, drug delivery, and biosensors. ナノ粒子と生体分子の「共役」は、バイオイメージング、生体触媒、薬物送達、バイオセンサーなどの分野で応用が見出されている。

マスク装着(エアロゾル学会)Mask-wearing

Point-1.「繊維の隙間より小さい粒子はマスクのフィルターを通過する」は間違い “Particles smaller than the fiber gap pass through the filter of the mask” is not accurate

Point-2. 大事なことはマスクのフィルター性能より,マスクの縁と顔表面との隙間からの漏れ(侵入)を少しでもなくすこと。It is important to eliminate the leakage (intrusion) from the gap between the mask edge and the face surface, rather than the filter performance of the mask.

開発の事例:微粒子の合成と構造化 Example of Technology: Synthesis & Structuring of Particles (2018-2019)

浮遊する微粒子の構造化と集積化について、従来まで考証されていなかった物質の輸送に対する「駆動力のバランス」の視点からの技術手法を開発した。We have developed methods for synthesis & structuring suspended particles from the viewpoint of “balance of the driving force on the transport of matter”, which has not been considered before.

Opinion: 研究を使った次世代対応型教育へ (The role of research on next generation learning)

対VUCAに適応力の高い人材を養成するには、リスクを意識しながら失敗を経験させ、失敗から学ぶプロセスを反復練習できる環境づくりが必要です。In order to develop highly adaptable human resources to the VUCA, it is necessary to create an environment in which people can experience failures while being aware of risks and repeatedly practice the process of learning from failures.