Event, International

5th Japan Powder Technology Forum in Indonesia (20-21 Aug. 2019)

With more than 10 leading companies (including the CEOs and engineers) and 5 leading researchers/professors from universities…  JPTF5 (English) (Japanese website)

Related event: International Conference and Exhibition on Powder Technology Indonesia (20-21 Aug. 2019)  icepti-2019

JPTF in Indonesia :: 2017 (Sumedang/Bandung) || 2015 (Sumedang/Bandung) || 2013 (Surabaya) || 2012 (Jakarta/Serpong) ||

当イベントについてインドネシアの新聞記事(2019/8/20)の翻訳
Pakar Teknologi Serbuk Asal 5 Negara Hadiri Icepti 2019
粉体技術の開発は、科学分野のさまざまな分野に浸透しています。 粉体テクノロジーの研究、技術開発、応用を探求するため、パジャジャラン大学およびインドネシア 粉体テクノロジーソサエティ協会(MTSI)と共同で、セベラスマレット大学(UNS)は、第2回 インドネシア粉体テクノロジーに関する国際会議および展示会 (Icepti) を開催しました。   このイベントは、インドネシア、日本、インド、タイ、台湾の5か国から24人の研究者と粉末技術者が集まり、ベストウエスタンホテルで開催されました。 「研究結果と政府の政策の活用と産業開発の必要性との相乗効果による大学の役割は非常に重要です」と、2019年のIcepti委員委員長のDanar Praseptiangga博士は述べた。   Gadjah Mada大学のJagal Waseso教授(副学長、食品技術の専門家)は、粉末技術は農業を非常に支えていると述べました。それらの1つは、腐敗しやすく、流通が難しいことが知られている農産物の粉末技術の使用です。粉末技術を使用すると、農産物をより簡単に流通し、より耐久性のある形に変換することができ、経済的および機能的に多様な価値を付加できます。   「機能性食品は研究トレンドになりつつあります。 2019年のIceptiの開催により、機能性食品の開発をサポートできる多くの研究があることを願っています」と述べています。   農業だけでなく、粉末技術は鉱業部門にも有益です。鉱業製品からの一部の鉱物は、より簡単に配布される粉末の形で輸出できるように粉末技術で処理することもできます。   ナノテクノロジーの専門家であるProf. I Made Joniは、このイベントでは、粉末製造プロセスに携わるさまざまな地元企業と日本企業の潜在的なパートナーを集めることも期待されていたと付け加えた。   このイベントでは、日本の有力大学の5人の研究者と、関東地区ネットワーキンググループの粉体工学会に所属する10社の日本企業が優れた技術と製品を紹介します。

他の記事:

https://krjogja.com/web/news/read/107738/Teknologi_Serbuk_Tingkatkan_Nilai_Tambah_Produk_Pertanian

SOLO、KRJOGJA.com
将来的には、インドネシアでは粉体ベースの製品が非常に必要とされています。したがって、機能的および経済的価値の高いさまざまな製品を生産するためには、粉末技術を習得する必要があります。農業では、粉体技術は付加価値を高めるための突破口になると考えられています。

「粉体テクノロジーにより、農産物は主要な形態よりも高い経済的価値と機能特性を持つように変更できます」と、 インドネシア粉体テクノロジーに関する国際会議と展示会 (ICePTi) でガジャマダ大学(UGM)のジャガル・ウィセソ・マルセノ教授(火曜日(8/20/2019)、ニューソロベストウエスタンホテル)。

ジャガル教授によると、農産物(生物学的)の成分は「空間を必要としている」です。これは、輸送が非常に難しく、簡単に破損します。農産物の経済的価値を高めるには、加工が必要です。それらの1つは、粉末技術によるものです。 「農産物の技術により、粉末はより耐久性が高くなり、損傷しにくい」と彼は説明した。

粉体テクノロジーは、鉱物を含むさまざまな他の製品の作業にも使用できます。さまざまな大学の多数の専門家がインドネシア粉体技術学会(MTSI)を設立しました。このフォーラムを通じて、さまざまな既存製品を処理するための粉末技術の開発と使用に関する推奨事項を提供します。

ナノテクノロジーの専門家であるUnpadのProf. I Made Joniは、MTSIが粉末製造プロセスに携わるさまざまな地元企業と日本企業の潜在的なパートナーを集めることが期待されると付け加えました。

Icepti Committee 2019のDr. Danar Praseptianggaは、この会議では、日本、インド、タイ、台湾、インドネシアのホスト国の5か国から24名のスピーカーが参加したと述べました。基調スピーカーの1人は酒井幹夫准教授(東京大学)。

機械翻訳 http://fp.uns.ac.id/fp-uns-selenggarakan-konferensi-internasional-dan-ekshibisi-powder-technology-icepti-2019/

UNSは、2019年の粉体技術の国際会議と展示会(ICePTi)を開催

UNS大学農学部(Food Science and Technologyプログラム・食品化学および生化学研究室)は、2019年8月20-21日、Best Western Premier Hotel Solo Baruで開催された、2019年第2回 Powder Technology Indonesia に関する国際会議および展示会(ICePTI)を開催しました。UNSとパジャジャラン大学UNPAD、JP Global Transtechが主催するICePTi 2019では、インドネシア粉体技術学会(MTSI)の設立、国際セミナー、粉体特性評価のための分析ワークショップ、国際出版物のための科学執筆ワークショップ、粉末の製造に従事している日本企業との1対1のビジネスマッチングなどの重要なイベントがあります。5か国(インドネシア、日本、インド、タイ、台湾)からの24人の招待スピーカーも含め、研究者および技術者が国際セミナーに参加しました。
基調講演者として6人。Prof. 酒井幹夫(東京大学)、Prof. アリ・ハンドノ・ラメラン(セベラス・マレット大学)、Prof. バラスブラマニアン(アンナ大学、インド)、Prof. Heru Setyawan(Sepuluh November Institute of Technology、Indonesia)、Prof. 松山(創価大学)、Prof. ジャガル・ヴィセソ・マルセノ(ガジャマダ大学)、Prof. Saravanan Rathinavelu(アンナマライ大学、インド)、Prof. エルマン・テーア(リアウ大学)およびProf. 森(法政大学)。粉体特性解析のための分析機器ワークショップでは、堀場サイエンティフィックジャパンとインドネシアのインストラクターが参加しました。国際的な出版物のための科学論文執筆ワークショップはDr. Widiyastuti(Sepuluh November Technology Institute(ITS))およびDr. Ferry Faizal (パジャジャラン大学)。

Dr. Danar Praseptiangga(Sebelas Maret University)は、委員会の議長として、International Technology and Exhibition on Powder Technology Indonesia(ICePTi)は、ナノテクノロジー&グラフェン研究所研究センター(PRINT-G)を事務局として開始された隔年会議であると述べました。パドジャジャラン大学は、国内のさまざまな高等教育機関のいくつかの研究機関と協力し、日本粉体工学会関東支部が開始したJapan Powder Tech Forum in Indonesia (JPTF) との共同実施。
「ICePTiは、アイデアを探求し、研究と技術の進歩を探求し、粉体技術とその応用における研究者と業界間のネットワークとコラボレーションを開発することを目指しています」。
「口頭発表とポスターと同時に行われる並行セッションでは、第5回JPTFが、パジャジャラン大学とのコラボレーションによる1対1のビジネスマッチングの形で開催されます。」
「このイベントは、地元の企業と粉体製造プロセスに携わる日本企業の潜在的なパートナーを集めることが期待されています。」

「このフォーラムでは、日本の有力な大学の5人の研究者と、粉体工学会関東懇話会に所属する日本企業10社に加えて、それぞれの技術と優れた製品を紹介しました。Ketua Asosiasi Kawasan Sains dan Teknologi Indonesia インドネシア科学技術地域協会の議長、Ketua Dewan Pimpinan Kota Solo Asosiasi Pengusaha Indonesiaインドネシア起業家協会APINDOのソロ支部長、Manager Executive Solo Technoparkソロテクノパークのエグゼクティブマネージャー、Ketua Gabungan Pengusaha Makanan dan Minuman Seluruh Indonesia全インドネシア食品飲料起業家協会(GAPMI)会長なども出席していました、Dr. Danar Praseptianggaは言いました。